バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座・カクテルレシピの読み方

fizz@bar-open.com082-236-6782

創業60年の老舗バーの解説で「カクテルの作り方・カクテルレシピの読み方」

老舗バーが60年続いた、独自開発のスキルを伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

老舗バーが60年続いた、独自開発のスキルを伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

  1. バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座
  2. カクテルの作り方の基礎
  3. カクテルの作り方・カクテルレシピの読み方

カクテルの作り方・カクテルレシピの読み方

ここで解説している内容は、一般的な書籍や、サイトなどに掲載してあるものと、同じです。正直、本物の美味しいカクテル作りやバー開業には、ほとんど役立ちません。

つまり、本やサイトで学べるレベルでは、プロとしては、全く通用しないという事です。本などは、あくまで、超初心者の方に、参考にして頂く程度のものだと、ご理解下さい。

カクテルレシピの読み方について

ロング・ドリンクなどの場合

  • 材料の分量が、ml や tsp で表記してある。そのとおりの量をグラスや道具に、メジャー・カップで量って入れる。
  • 適量と書いてある場合、扱うグラスの口から1センチぐらい下まで、その材料を入れる。

ml (ミリリットル)について

  • 大小の計量カップがついたメジャー・カップで量る。
  • 大・・・45ml、小・・・30ml が一般的。
  • 30ml が 1オンス。

tsp(ティースプーン)について

  • 計量スプーンやバースプーンで量る。
  • 1tsp = 約5ml

ショート・ドリンクなどの場合

  • 材料の総量を「1」として、分数表記してある。脚付きグラス(カクテルグラスなど)使用のカクテルレシピに多い。
  • 一般的には、総量 1 = 60ml と換算して、計算すればよい。

dash (ダッシュ)について

  • ビターズ・ボトルを振って入れる量。
  • 1dash = 約1ml = 一振りで出てくる量。

カクテルの作り方解説の「目次」

このページ以外の、カクテル作りに関する基礎知識の解説は、以下の各ページをクリックしてご覧下さい。

新発想のカクテルレシピ攻略法など
バー開業教材24巻の詳細はこちら

トップに戻る