バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座・ステア習得の判断基準

fizz@bar-open.com082-236-6782

老舗バーのバー開業講座「ステア習得、簡単な判断基準とは?」

老舗バーが60年続いた、独自開発のスキルを伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

老舗バーが60年続いた、独自開発のスキルを伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

  1. バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座
  2. バー開業講座目次
  3. 老舗バーのバー開業講座「ステア習得、簡単な判断基準とは?」

ステア習得、簡単な判断基準とは?

ステア習得度が、すぐに分かる基準とは?

カクテル作り、初心者の方が、バースプーンを回す練習をされて、ある程度、できるようになったとします。

練習の成果を判断する、一つの基準が、一回、綺麗に、早く、回せるかどうか?です。

もうひとつ、判断基準があります。

大半の方が、氷と水の入ったグラスや、ミキシンググラスで練習を重ねられたはず。この場合、氷や水の慣性の力も働いて、ある程度、バースプーンが回しやすいはずです。

ところが、空のグラスだと、思ったほど、綺麗に回せないものです。空のグラスで、綺麗にまわせるか、どうか?も、練習の成果を見る判断基準になります。

そして、実際に、カクテルを作る時に、一回、バースプーンを回す動作が、綺麗に、早く、できるかどうか?

バースプーンを手に取り、グラスに入れて、一回だけ回して、グラスから取り出し、元の場所へ!この動作が、綺麗にできれば、とりあえず、基礎はできたというところですね。この1回だけ!というのが、なかなか・・・

簡単に、思われるかもしれませんが、初心者の方は、意外に、スムーズにできない方もあるはず。バースプーンの回し方を練習中の方、一度、チェックしてみて下さい。

では、また・・・

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

新発想のカクテルレシピ攻略法など
バー開業教材24巻の詳細はこちら

トップに戻る