バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座・カクテルを作る前に

fizz@bar-open.com082-241-7283

老舗バーのバー開業講座「カクテルを作る前に、味覚状態を把握する必要あり」

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

  1. バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座
  2. バー開業講座目次
  3. 老舗バーのバー開業講座「カクテルを作る前に、味覚状態を把握する必要あり」

カクテルを作る前に、味覚状態を把握する必要あり

タバコは、味覚を狂わせる。

最近は、本当に、めっきり、少なくなりました。肩身の狭い思いをなさる方も多く、ちょっぴり、気の毒なような気もします。

喫煙者の方のこと。私は、もう、十数年前に、禁煙したのですが、吸っていた時期もあります。

ですから、あまり大きな声では言えませんが、できれば、タバコは、吸わない方がいいですね~。特に、微妙な味覚を見極めるには、タバコは、百害としか言いようがありません。

もちろん、タバコを吸っていらっしゃるお客様の味覚にあわせるのだ!と、変ないいわけも可能ですが・・・(苦笑)

味覚を狂わせる、さまざまな要因

それと、カクテルやウイスキーなど、お酒の味を見極める時には、その直前に、甘いものを食べたりしないこと。甘いものを食べると、しばらく、味覚が、正常に働かなくなるのです。もちろん、甘いものに限らず、極端に、味の濃いものや刺激物も、味覚を狂わせます。

こうした事を理解したうえで、お客様に、カクテルを提供しなければなりません。当然、お客様が、バーにいらっしゃる直前に、何を召し上がられたか?あるいは、カクテルを提供する順番も、考慮しなければなりません。

味覚の推移を、想像しながら、カクテルを提供していかなければならないのです。お客様によって、カクテルの味を調整しなければならない理由のひとつですね。

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

新発想のカクテルレシピ攻略法など
バー開業教材24巻の詳細はこちら

トップに戻る