バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座・カクテル作成数

fizz@bar-open.com082-236-6782

老舗バーのバー開業講座「カクテル作成数、基礎レベル習得の目安とは?」

老舗バーが60年続いた、独自開発のスキルを伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

老舗バーが60年続いた、独自開発のスキルを伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

  1. バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座
  2. バー開業講座目次
  3. 老舗バーのバー開業講座「カクテル作成数、基礎レベル習得の目安とは?」

カクテル作成数、基礎レベル習得の目安とは?

バーテンダーの基礎レベル、何杯作ればいい?

さて、カクテル作りをマスターするのに、どれぐらい作るといいのか?

明確な基準はありませんが、やはり、何度も、何度も、練習する必要はあります。プロを目指すなら、無意識に、身体が動くようになるまで。

一日に、50~70杯、カクテルを作って、年間約300日とすると・・・

100000杯作るのに、大体、5~7年ぐらいかかります。
これぐらい作ると、身体が覚えてくるので、基本は身についたと言えるでしょう。

もちろん、徹底的に、一日も早く、基礎を習得したい人は、一日100~200作ることでしょう。そうすれば、わずかな期間で、100000杯に到達します。

単なる目安ですが、これぐらい作って初めて、基礎を終了したと言えると思います。

カクテルひとつを習得するのに、1000杯作る

私は、ある一つのカクテルをマスターするのに、1000杯作った記憶があります。そのカクテルは、その昔、弊店でのバーテンダー採用試験の課題だったカクテルです。今では、そんな事をしているバーなど、見当たらなくなったように思いますが・・・

100000杯は、まだまだ、基礎レベル。そこから、個性を活かしながら、ワンランク上を目指していくことになります。

もちろん、見よう見まねのカクテル作りと、プロのバーテンダーの指導のもとに練習するのでは、この目安も変わります。プロの指導のもとであれば、もっと少ない杯数で、基礎を習得できるでしょう。

見よう見まねだと、100000万杯作っても、一向に、進歩していない可能性もありますね。

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

新発想のカクテルレシピ攻略法など
バー開業教材24巻の詳細はこちら

トップに戻る