バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座・メジャーカップ必要性

fizz@bar-open.com082-236-6782

老舗バーのバー開業講座「メジャーカップは、必要か?」

老舗バーが60年続いた、独自開発のスキルを伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

老舗バーが60年続いた、独自開発のスキルを伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

  1. バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座
  2. バー開業講座目次
  3. 老舗バーのバー開業講座「メジャーカップは、必要か?」

メジャーカップは、必要か?

メジャーカップで量る必要はあるのか?

いろいろな意見が出てくるかもしれません。私は、必要だと思う派です。

ある程度、慣れてくると、確かに、目分量や感覚で、分量が分かるようになります。それでも、あえて、メジャーカップで量る習慣を身につけた方がいいと思います。

分量が、多少変わっても、味に大きな影響を与えないものもあります。

ですが、ほんの少しの分量で、味に、大きな差が出るものも、あります。微妙な分量の差を、目分量や感覚で分かるようになるのには、時間がかかります。

最初から、メジャーカップを使用するのに、慣れていれば、量る事自体、時間も手間もかかりません。

つまり、省略しなければならない理由は・・・
面倒なのか?目分量で分かる事を自慢したいだけか?

カクテル作りの、一連の動作を無意識に

メジャーカップは、ボトルのキャップと同時に持って扱うようになります。

材料のボトルのキャップを開け、キャップを持ったまま、メジャーカップをとり、分量を量って、シェーカーなどに入れる。そして、メジャーカップを置き、ボトルのキャップを閉める。

この一連の作業が、スムーズにできるようになれば、目分量でいれるより、はるかに早くできます。無意識にできるぐらいに、バーテンダーは練習します。見ていて、違和感を覚えないレベルまで。

この一連の作業に手間取るようだと、カクテルの味も、美味しく見えません。カクテルは、作り始めたところから、すでに味わい始めている飲み物かもしれませんね。

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

新発想のカクテルレシピ攻略法など
バー開業教材24巻の詳細はこちら

トップに戻る