バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座・最初に習得すべき技術

fizz@bar-open.com082-241-7283

老舗バーのバー開業講座「バーテンダーが、最初に習得すべき技術」

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

自社ビルを建て、58年続いた老舗バーが、秘伝を伝授。動画で学ぶ「バーテンダー教材」から、「カクテルレシピ攻略・接客会話・バー開業準備の教材」まで。

  1. バーテンダーとカクテルの老舗BAR講座
  2. バー開業講座目次
  3. 老舗バーのバー開業講座「バーテンダーが、最初に習得すべき技術」

バーテンダーが、最初に習得すべき技術

バーテンダー、最初に習得すべきは、ボトルの扱い方

バーテンダーには、さまざまな技術が必要です。通常、考えられるのは、シェークやステア、メジャーカップの扱い方でしょう。

他にも、さまざまなものをカットしたりするのに、ぺティナイフの扱いにも慣れなければなりません。スノー・スタイルの作り方、果汁の絞り方、バースプーンの使い方・・・

でも、最初に、慣れるべきは、何と言っても、ボトルの扱い方。無意識にできるように、ならなければなりません。

  • ボトルを持つ時、常に、どの部分を持つか?
  • ボトルを置く時、ラベルの向きは?
  • ボトルのキャップの開閉は、スムーズにできるか?

こうしたボトルの扱い方が、きちんと、できるように練習しなければなりません。基礎中の基礎です。

いとも簡単そうに、バーテンダーは、扱っています。ですが、初めての方は、意外に、できないものです。お客様の視点で見れば、危なっかしくて、見てられないような感じのはずです。

何事も、基礎から。

毎日、毎日、積み重ねる事で、全て、無意識にできるようになります。
こうした事は、初心者のうちに、意識的に、行っておくべきです。

そうでないと、ついつい、ボトルを置く時のラベルの向きなど、無造作に置いてしまいます。ちょっとした事ですが、初心者レベルのうちに、身につけておきましょう。

もっと読みたい方は
バー開業への必読講座「目次」へ

新発想のカクテルレシピ攻略法など
バー開業教材24巻の詳細はこちら

トップに戻る